4-6月期米国内総生産発表

米4-6月期四半期実質国内総生産
(GDP,改定値)が発表になりました。

予想2.2%に対して結果は2.5%。
その為か米ドル/円も発表直前で98.2円台だったのが、
一気に98.4円台まで上昇!

今は落ち着きを取り戻したのか、
発表前とほぼ同じ位にまでになりました。

米株式市場では全体的に少しだけ上がって来てはいますが、
噂されているアメリカのシリア介入が
本当になってしまったりするとどうなるのか。

考えるだけでもガクブルです。
噂だけで収まってくれたら良いんだけど、
こればかりは分かりません。

さて次なるイベントは
30日朝8時30分発表の日本の7月全国消費者物価指数(CPI)です。

他にもあるのですが、
これらの結果がチャートにどう反映されるのか?
はその時になってみないと分かりまんせん。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です