二重国籍

あまりこういうことを述べたくないのですが、
流石に無視をする訳には参りません。

民進党党首・蓮舫議員の二重国籍問題です。

一方ではきちんと法律を守っていると
擁護している人もいらっしゃいますが、
日本の首相になるかもしれない人物です。

そのような人物が自分の問題を有耶無耶にしたままで、
やっていいのかと言う疑問が残ります。

あくまでも”仮に”の話ですが、
今の首相が実は二重国籍を持っていました
となったら民進党は間違いなく思いっきり叩くでしょう。

今擁護している人も、
我先にと問い詰める筈です。

それがいざ問われる立場になって、
色々言い訳するのは「見苦しい」の一言です。

もし今、民進党が政権を握ったのならばと考えると、
背筋が凍りつく思いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です